プロフィール:大学卒業後、キャビンアテンダントとして仕事でもプライベートでも世界を旅するトラベラーに。退職後はベンチャー企業及び日系上場企業で秘書業務やイベント企画等を担当、2008年にウエディングプランナーとしてエリスブライダルを設立。

はじめまして、エリスブライダルの杉田です。少しお時間をいただき、私とエリスブライダル株式会社の紹介をさせていただきます。

「エリスブライダル」起業のきっかけは、私自身がセブ島にて結婚式を行ったことです。大好きな海の近くで挙式した満足感と「こうしておけば」という反省点、「こういうサービスが欲しかった」というブライド(花嫁)としての思いが、創業の思いです。当時はセブ島での結婚式(いわゆる「海外挙式」)を扱っている会社はなく自分たちで何とか手配しました。最初の数年間は「セブ島ウエディング手配事業」をほぼ独占していましたが、2020年現在同業他社やプランナーは10社を超え、セブ島自体の知名度も高くなっています。

ここまでの道は決して簡単ではありませんでした。フィリピンにて日本人のお客様にご安心・ご満足いただけるサービスを提供することは非常に困難でありました。当時は少人数のグループで結婚式やセミフォーマルな料理を提供できる場所自体があまりなかったのです。ゲストの人数が100人200人が当たり前のフィリピンの挙式会場にとって、「親族や親しい友人だけの小さな結婚式」という受け入れや理解をしてもらうのに時間がかかりました。今でこそ、ガゼボや桟橋などで小さくても素敵な結婚式ができる場所・プランが各ホテルにありますが、実は私が(会場と交渉のうえ)創ったものも少なくないのです。

結婚式に必要なスタッフを探すのにも苦労しました。腐ったキャベツのようなブーケを持ってきた花屋、カメラの充電がないカメラマン、原色ベタ塗りヘアメイク・・・・。2時間遅刻は当たり前の文化・・・。そんななかで、ポテンシャルの高い人物を見つけ、教え、時にはこちらが教わり、時間をかけて築いてきました。

妊娠・育児で仕事をセーブしていた間に大変なことがありました。元従業員にマニュアルや顧客や取引先の情報を盗まれ、セブに進出してきた後続の同業他社に横流しされました。苦労して築いたモデルをコピーされ、自分が育てた人材を引き抜かれ、取引先や顧客へ「杉田は引退、うちが引き継ぎます」と吹聴され、大変に気分の悪いものでした。

つらく苦しいことがたくさんありました。しかし、お客様に喜んでいただいた素晴らしい思い出、たくさんの結婚式を成功させた嬉しさのほうが多くあります。セブ島専門のつもりでしたが、お客様からのご要望でタイやマレーシアのリゾート地も取り扱うようになり、またハワイ・グアムといった海外挙式全体のご相談も承れるようになりました。創業当初は「リピーターのいないビジネス」だと思っていましたが、ご友人やご親族をご紹介いただいたり、結婚1周年や10周年のイベント、お子様とのファミリー旅行のプランをお任せいただいたり、楽しいお仕事をさせていただいています。

エリスブライダルはとてもとても小さな会社です。「大手の会社に比べると不安」という方もいらっしゃるかと思いますが、 大きな組織ではできないサービスを提供しており、世界各地のお客様から「エリスブライダルにして良かった」と高い評価をいただいております。 皆様にとっての大切なご旅行、そしてウエディングというイベントに、私どもがお力添えさせていただければ幸いでございます。