エリスブライダルTOP > FAQ セブ&ボラカイについて

FAQ

エリスブライダルに寄せられるよくあるご質問をまとめました。ご質問前に参考にしていただければと存じます。
※その時により事情も変わりますのであくまでご参考程度にとどめてください。

海外挙式について セブ&ボラカイについて 衣装について

セブ&ボラカイについて

セブ、ボラカイの治安はどうですか??
A
 「フィリピン=治安が悪い」というイメージがありますが、諸外国に比べて特別に悪いわけではありません。観光客があいやすい被害といえば、混雑した場所でのスリや置き引き、チップねだり、ぼったくり等で、基本的な注意事項をお守りいただければ楽しく安全にお過ごしいただくことができます。
セブ、ボラカイ旅行の際、両替はどこでするのがいいですか?
A
 日本での両替はレートが非常に悪いうえ、細かいお札がもらえませんので、現地到着後の両替がお勧めです。セブ島では街中、ショッピングモール内の両替所のレートがいいので、セブシティや観光、ショッピングに出かける方は、空港では少額のみ両替を。 (ガイドやタクシードライバーに連れて行ってもらう場合には注意が必要なので、信頼できる人にお願いしましょう)リゾートにこもるタイプの方は、ホテルのレートはあまり良くないため空港で両替しておくことをお勧めいたします。空港は良くも悪くもないのですが、数万円でしたら大した差にはなりませんし、あとでわざわざ両替所に出かけるのは面倒です。 紙幣は1,000ペソ、500ペソ、200ペソ、100ペソ、50ペソ、20ペソがありますが、タクシーや小さなお店ではお釣りがないことも多いので、なるべく細かい紙幣を用意しましょう。クレジットカードや1,000ペソ札、500ペソ札はホテルやショッピングモールでご利用を。なお、余ったペソを日本円に替えるとかなりの損になりますので、たくさんの両替はお勧めしません。 ボラカイ島では、島の中心地ホワイトビーチ沿いに小さな両替所が点在していますが、マニラの空港である程度両替をしておくことをお勧めします。
マニラでの乗継が不安です
A
 マニラ国際空港は不便です。第1・第2・第3ターミナルと、「ドメスティックターミナル」(一部の国内線) の4つがあり、各ターミナル間は車で移動が必要なため白タクや乗継時間との闘いで体力・精神力を消耗します。 マニラ乗継の方は、乗継をしっかりとサポートしてくれる旅行会社を選ぶことをお勧めいたします。エアポートタクシー(クーポン制)が比較的安心ですが、初めての方には分かりづらく、係員によって値段が違うこともあります。 ターミナル間の移動は渋滞することが多いので、乗継時間には余裕を持ってください。免税店・レストランはしょぼいです。
セブ、ボラカイの現地の交通事情を教えて
A
 セブ島では、主な乗り物として、ジプニー・トライシクル・メータータクシー・白タク・ホテルタクシー・運転手付レンタカーなどがあります。ジプニー・トライシクルはスリなども多くお勧めいたしません。 メータータクシー・白タクは当たりはずれがありますが、粗暴運転・居眠り運転も多いのでご注意を。リゾートホテルのあるマクタン島では、メーターを使う運転手は稀で、ふっかけられることも多いので乗車前にご確認ください。セブシティの場合は、普通にメーターを使うことが多いですが、マクタン島まで行く場合には「メータープラス50ペソ、100ペソ」とよく言われます。(もしくは交渉) これは、帰りにお客さんが拾えないためで、これくらいは払ってあげていいと思います。高めにはなりますが、安全性や料金交渉の煩わしさを考慮するとホテルタクシーや運転手付レンタカーがお勧めです。
 ボラカイ島の場合、ホワイトビーチ沿いは徒歩での移動となります。 車やバイクが走る「メインロード」では、トライシクルでの移動が中心になり、だいたい価格は決まっていますが、念のため乗る前に交渉をしてください。
フィリピンでのチップはどうすればいいですか?
A
 チップはあくまで気持ちです。とはいえ、習慣でもありますので以下に目安を書いておきます。
• レストラン・・・サービスチャージが入っていなければ、きりのいい金額(たとえば会計が920ペソだったら、1,000ペソ)
• ホテルや空港のポーター・・・荷物ひとつにつき50ペソ
• ドライバーやガイド、マッサージ、その他スタッフ・・・対応してくれた時間や手間に応じて、50ペソ~300ペソ
※一方的に話しかけてきて、「気持ち、1,000えん」などとチップをねだる悪者がいます(空港やマクタンエリアに多い) 向こうから話しかけてきた場合には無視してください。ただし、本当にただの親切な人もいます。
結婚式の日以外は何をして遊べばいいですか?
A
 フィリピンの魅力は何と言っても海の美しさ。ボートを貸切にしてアイランドホッピング(島めぐりやシュノーケリング)を楽しんだり、 マリンスポーツ・体験ダイビングにチャレンジしてみてください。他に、小型飛行機で体験操縦しながら美しい景色を空から眺めたり、 有名なお隣のボホール島への観光ツアーも人気です。実弾射撃、観光名所めぐりの他に、巨大ショッピングモールでのお買物や カジノ、エステ・スパ・マッサージなどが格安でお楽しみいただけます。現地旅行会社のツアーなどご紹介・予約代行しておりますので、お気軽にお尋ねください。
食事が心配です
A
 セブ島には、日本食・日系居酒屋がたくさんあります。日本人経営の、味の確かなお店もいくつかありますので 「日本食以外はだめ!」という方もご安心ください。フィリピン地元料理やシーフードの他に、バーベキュー・イタリアン・スペイン・フレンチ・地中海・ギリシャ料理などの西欧系、タイ・マレーシアなどのアジア系、メキシコ・アメリカンなど、たくさんのジャンルのレストランがございます。ローカル向け屋台などは衛生面に問題があるのであまりお勧めできませんが、ショッピングモールのフードコートなどお気軽にお楽しみいただけるかと思います。 ボラカイ島にもいろいろなレストランがありますが、日本食はかなり限られてきます。
セブ、ボラカイのお勧めのお店を教えてください!
A
 よろしければブログをご参照ください。
・エリスブライダルブログ
…
↑